多くの脱毛サロンに並行して行くこと ||

タモさんのブログ

↑ページの先頭へ
枠上

多くの脱毛サロンに並行して行くこと

多くの脱毛サロンに並行して行くことは全然アリです。


掛け持ち禁止の脱毛サロンなんてないので、全然問題ありません。

逆に、掛け持ちをした方が安い料金で脱毛できます。

脱毛サロンによって料金が変わってくるため、料金の差を上手に利用してください。
でも、色々な脱毛サロンに掛け持ちして行く必要があるので、労力が必要になります。


光脱毛は高い安全性から多くのサロンで採用されていて、利用者にとってもなじみ深い方式ともいえます。
その光脱毛を受けるときに忘れてはならないのが、ムダ毛処理です。


毛根部分に効果的にその光が届くように、施術を受ける前に施術する部分のムダ毛を自分で剃って、処理しておかなければなりません。


ムダ毛があると光が余計な場所にあたってしまうので効果は得られません。せっかく予約したのに施術が受けられなかったり、もしその場でムダ毛を剃った上で施術してもらえるとしても施術時間は減ります。
安全上、最初に受けた説明をまた受けなければならなかったりすることもあります。



ちゃんと準備しておけば、こうしたことは避けられるのを、覚えておきましょう。さきほど、下処理として剃ると書きましたが、それ以外の方法(抜く、脱色する)は光脱毛の効果が得られなくなるため剃るか、市販のリムーバーで溶かす方法なら大丈夫です。

ただ、溶かすときにしつこくやりすぎてはいけません。
剃るのでも溶かすのでも、かならず、毛根の黒い部分(メラニン)が残る程度にとどめておくことが大事です。脱毛サロンに通えば、ピカピカの脇や足になれるし、施術担当のエステティシャンの方と楽しくお話できるし、嬉しい事ばかりだと思います。
マイナスの点としては、沢山のお金がかかることです。
その上、場合によっては、何度も勧誘されてしまうこともあります。
しかし、近年では、強引な勧誘は禁止されているので、はっきりと断ってしまえば大丈夫です。

脱毛の効果については気になるものですが、脱毛サロンでの施術の結果というのはそうすぐ出てこないのが普通です。



大体において3回程度の施術を受けた後でなければ効果を感じることはできないでしょう。

時間を割いてサロンに通っているのに効果が見られないと心配になってしまうでしょう。しかし、まずはプラン通り、完了するまでサロン通いを続けましょう。予定していた回数を終わらせたのに効果がないという時は、ぜひともお店のスタッフに相談するべきです。脱毛の進行具合によりますが、もう少し施術を継続させることが必要になるかもしれませんが、根気よく続けていきましょう。ムダ毛を無くす為にはと考えてエステの脱毛コースとか、脱毛サロンに行って見ようと考える際には、施術後には一定間隔を空けましょう。



施術のタイミングはムダ毛の発毛サイクルとリンクさせて行わなければ脱毛効果がほとんどだせませんから2ヶ月くらいを間隔としてはあけます。



完了までの脱毛期間は必要時間としては、1年〜2年程度ですから、脱毛サロンは通いやすさを重視して選択してください。
妊娠中に脱毛サロンに行くと施術をお断りされることが多いようです。



ホルモンバランスが乱れ、母胎にも少なからぬ影響がみられるため、期待通りの結果には繋がりませんし、大切なお肌を傷つけかねません。それ以上に生まれてくる子にも影響が及ぶかもしれないため、ほとんどの脱毛サロンで妊婦さんには「申し訳ございません。
」とお伝えしています。

妊娠してからホルモンバランスが整うまでは契約の内容を再確認してみましょう。

「持病があるから脱毛できないのでは」という相談を受けることがあります。たしかに持病や肌の状態などによってはサロンで脱毛施術を受けるとき制約があったり、施術そのものが受けられないこともあります。

脱毛の方法はサロンによって違いますし、施術前に、個々の体質にあったプランニングが行われると思いますが、そのときに相談してみてください。施術できない肌の状態などは見て確認できますが、持病についてはユーザーからの状況説明が基本になります。
そういった手間や時間をかける前に主治医に相談してみるのも良いでしょう。



持病を隠して施術を受けると、重大な問題が起きてしまうこともあるので、注意が必要です。病気や体質が改善されれば施術ができたり、ほかの方法を実施しているサロンで安全な施術を受けることもできます。
正しい選択をするために、自分の状態については正直に伝えましょう。

永久脱毛をすると実際に永久に毛が生えないか疑問に思っている人も多いと思われます。


永久的な脱毛を受けることによって二度と毛が生えないのかというと、絶対ではなく、生えてきてしまう時もあります。


一番効果が高いのはクリニックでうけられるニードル脱毛なのです。



それ以外の脱毛方法を実践した場合は毛が生えてしまう可能性が高いです。
一般的にピルを飲んでいるひとについては特に医療脱毛が認められていないということはありませんが、色素沈着を引き起こしやすくする危険性があります。


しかしながら、確率的に見れば低い確率ではありますし、気になるひとも安心していいと思います。

万が一、不安を感じた場合には施術前のカウンセリングの時点で問い合わせすることをおすすめします。脱毛エステをしたとき、時々、火傷になってしまうこともあるらしいとのことです。脱毛エステで一般的に使用されている光脱毛は、黒い色素により反応するようになっており、日焼けがあったり、濃いシミがある場所は火傷の可能性があります。
日焼けしている箇所やシミの濃い個所については施術しないようにしますが、日焼けをしないよう心がけましょう。
枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 タモさんのブログ All rights reserved.