たくさんのサロンで脱毛を掛け持ちすることはアリ ||

タモさんのブログ

↑ページの先頭へ
枠上

たくさんのサロンで脱毛を掛け持ちすることはアリ

たくさんのサロンで脱毛を掛け持ちすることはアリかナシかといったらアリです。掛け持ち禁止の脱毛サロンなんてないので、全然問題ありません。実際は、掛け持ちをした方がコストを抑えて脱毛できます。
脱毛サロンごとに異なる料金になっているため、価格差を巧みに利用してください。しかし、掛け持ちするとたくさんの脱毛サロンに行かないといけないので、労力が必要になります。



脱毛サロンに行くときに自己処理してきてくださいと言われた時には、電気シェーバーを使うことをお勧めします。



電気シェーバーでの処理なら他の方法よりも肌への負担が少ないため、炎症が起こっているので施術はできませんと断られるということが無くて済むでしょう。もしも別の方法でムダ毛を処理する場合、肌への負担を減らすため予約の前日ではなく、数日前までに自己処理をした方がいいと思います。永久脱毛を受けると永久に毛が生えないのかどうか不安に思う人も多いであろうと思います。永久的な脱毛を受けることによって死ぬまで毛が生えてこないのかというと、絶対とはいえず生えてしまうこともあるのです。
最も効果的なのはクリニックで受ける事が出来るニードル脱毛なのです。



それ以外だと毛が再び生えてくる可能性が高いと思ってください。脱毛サロンに期待することといえばもちろん、きれいに脱毛を済ませるということに尽きるでしょう。ですがサロンの脱毛に即効性を求めると、がっかりし、サロン利用のデメリットとして感じるかもしれません。

というのも、脱毛サロンで使われている脱毛機器は一般的にクリニックの医療用機器に比べて高い効果は出せないからで、効果が実際に得られるまでのスピードについても下回ります。あまり時間をかけたくない人は、脱毛サロンではなく、脱毛クリニックを選ぶことです。ただし価格はクリニックの方が高くなるのですが施術を受ける回数は少なくなるでしょう。『イーモ』は、イーモリジュという脱毛器を販売している会社がイーモリジュのひとつ前に発売していた、2連射可能な家庭用のフラッシュ方式を採用した脱毛器です。魅力はやはりコストの低さでしょう。

1カートリッジで照射できる回数は約6000回、1照射につきわずか1.4円。



非常にリーズナブルだといえます。1度照射したあとは10秒ほど待たなければなりませんが、長押しすることで2連射できるモードもあります。



3連射できる後継機が発売されたものの、イーモのコストは魅力的です。

後継機が出たために型落ちとか在庫処分という触れ込みで、お得なセール価格で買えることもあるようです。

ムダ毛の自己処理でよく起こるトラブルの一つ、埋没毛についても脱毛サロンでプロの手に委ねることで解消可能です。通常脱毛サロンでは光脱毛という手法をとりますが、この光脱毛でしたら頑固な埋没毛も消せるのです。



医療系脱毛クリニックで受けられる高出力レーザー脱毛でも埋没毛の問題は解決できるのですが、サロンの光脱毛と比べると肌の受ける刺激が大きく、価格も多少高くセッティングされていることがほとんどのようです。


肌が極端に光に弱いとか、アレルギーやアトピーなどの体質的な支障のある方は、サロンでの施術ができないこともあります。また、内科系の疾患があるとサロンによっては施術が受けられないこともあります。一方で、「アトピー体質だけどOKだった」という話も聞きます。これは本人のそのときの状態によるのと、脱毛サロンの施術方法の違いによると思われます。


ですから、施術前に、個々の体質にあったプランニングが行われると思いますが、そのときに相談してみるのは、本当に合ったプランを見つけるという点では大事なことです。



どうしても心配だという方や、まだサロンを決めていないという方なら、サロンに行く前にかかりつけ医に許可や助言を受けておくのも、安全なプランづくりのためには有効です。ひとつのサロンでダメでも、別のサロンで採用している方式なら大丈夫ということもあります。



持病があることを伝えないと、持病の治療に影響を与えたり、深刻な状態になってしまうケースもあるのです。


ついこの間、友達と一緒に脱毛サロンに脱毛をしに行ってきました。

体験してみたくて行ったんですが、流行りのメニューを聞くと、思っていた通り全身脱毛コースと言われました。脱毛サロンの内装もおしゃれな感じで待ち時間も落ち着いて過ごせました。
技術も丁寧でスタッフの愛想も良く、もう一度来たいと思う内容でした。


出産がきっかけになり、就園就学前の小さいお子さんを連れてサロンに通いたいと考えるようになったという女性も相当いるのですが、小さい子供を連れて通える脱毛サロンというのは稀です。

単なるカウンセリングでさえ子供を連れていると受けることができないという脱毛サロンがあってもおかしくありません。


とはいえ、大手以外の中堅クラスや個人経営などの小規模サロンでは子供を連れてきても大丈夫というところはありますし、巨大ショッピングモールなどの中にあるお店でしたら、その施設の託児所利用を考えるのもよいでしょう。
脱毛サロンに行き、お肌の手入れをしてもらった後は、刺激から肌を守るように注意しましょう。


脱毛のために受ける施術がどんなものでも、肌はちょっとの刺激にもびっくりしてしまう状態です。お日様の光を当てたり、熱いお湯がかかったり、マッサージなどで強く触れられたり、さすられたりすると、思いもよらぬトラブルが肌に出てくる場合が多くなります。
脱毛サロンで受ける注意事項に、従うよう心がけましょう。


枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 タモさんのブログ All rights reserved.